セフレ募集


syopanセックスフレンドに憧れていても、どうやって作ればいいのか分からなくはありませんか。

そんな人にお勧めしたいのが、出会い系サイトを利用することです。

出会い系サイトを利用するというと、なんだそんなことかと思うかもしれませんが、実際にこれが効果的なのです。

もちろんいくら出会い系サイトであっても、相手に対してはきちんとした対応をしなければなりませんが。

どうせセックスフレンドを探しているのだからといって、探している女性の好みをあからさまにしていませんか。

いくら何でも、探している女性の好みに関して、「かわいい子を探しています」とか「美人以外用はなし」等といったことを書いてはいませんか。

いくらそういった女性を望んでいるからといって、そのままの表現を書いていたのでは、それをみた女性達から反感を買うばかりになってしまいます。

誰もがかわいいと思う女性がそれを見ても、そんなことを書くような男性を相手にするとも思えません。

かわいい子や美人の女性しか相手にしないような男性は、女性みんなから相手にされないものです。

もちろん出会い系サイトといえども、とてもかわいい子もいますが、そういった女性は多くは無いのです。

あなたがそういった女性だけを相手に出来るほどのイケメンならば、出会い系サイトでは無く、普通に街中でナンパをした方がいいかもしれません。

こういった女性に対しての要望などは、表現をよく注意した方がいいでしょう。

もちろん募集するときばかりでは無く、メールのやり取りが始まった後も注意しなければなりません。

Fポンの女

tako私はFポン(フォーミュラニッポン)でシリーズチャンピオンを争っている、女性ドライバー。

歴代Fポンで女性がシリーズチャンプを争うことはなかったし、まして私はルーキーだったのです。

しかしいいことばかりではなく、所属チームやFポンの事務局から“アイドルタレント”なみに厳しく異性との交際は御法度にされています。

でも私も26歳という女盛りだし、自分で言うのも気が引けるけれど、結構美人なの。

そうね、米倉涼子の若い頃って言う感じかしら。

おまけに高校2年の時にセックスをしてから、セックスと言うものにある意味でのめり込んでいたの。

それが“男断ち”だなんて、こんな殺生な事ってないでしょ。

でも今のポジションからは落ちたくないから、必死で我慢しているわ。

先週のレースでは、シリーズポイントで3ポイントリードされている“高田”選手と、本当にハードなレースをしたわ。

コーナーへの進入で、私がインをとってマシンのノーズを高田選手のマシンのインにねじ込むと、高田選手はラップタイムが落ちることも構わずに、速度を意識的に殺して、私を後ろに追いやり、脱出速度で私を置いていくと言うハードなドライビングをしたわ。

私はそれを読んでいたから、脱出速度に全てをかけて置いていかれないようにしたの。

3つ先のコーナーでアウトからかぶせて、一旦高田選手の前に出たけれど私は思い切りアウトに膨らみ、連続する次のコーナーでは、逆にインをつかれて再逆転。

そのままゴールまでやりあったけれど、とうとう微差で私は2位だったわ。

結局ポイント差は広がり、後3戦を残しているけれど、私がチャンプになるためには3戦連続優勝をして、高田選手がそのなかの1戦でも良いからリタイアしてくれれば、なんとかなりそうなの。

でもしんどいかなと、私は思っているの。

そんなレースのあとって、結構性欲が強く私を支配するのね。

でも男断ちを強いられている私は、オナニーでしかそれを鎮めることはできないの。

こんなときに結構AVっていいのよね。

AVのお世話になるのって、女だってあるのよ。

自分がしてもらったこととか、したことがあるようなシーンが出てくると、手が自然に乳首を弄って息が荒くなるの。

そのうちもう一方の手は、女陰に伸びて、陰核や肉鞘を弄り回すの。

そのうち呆気ないほど簡単にいっちゃうわ。

でもやっぱり肉鞘に肉茎が入らないと、物足りないわね。

そんなこんなである時に、新聞の通販広告羅に“防水マッサージ器”と言うものが載っていたわ。

形状はまさに“バナナ”状。

まさに“オナマシーン”にしか見えなかった。

私は早速それを申し込んだの。

たぶん、明日には届くことになると思うわ。

これさえあれば、モヤモヤが吹っ切れて、高木選手とのバトルも制することが出来そう。

そうして、私はルーキーにして女性初のシリーズチャンプになれるかも。

性欲のコントロールって、本当に大事よね。

性欲って?

yabaiよく女には顕著な性欲がないと言う人がいるが、それは絶対に違うと言える。

何故って?

それは俺が過去付き合ったと言うのかやった女たちが、いちように顕著な性欲を示したからだ。

人数にして約120人だ。大数の法則にあてはめても問題にならない数だと思う。

彼女達はそれぞれ欲望の表し方は違うのだが、性欲を表に出して来た。勿論俺との信頼関係があったからだとも言えるのだが、とにかく自分から“やりたい”とか“抱いて”だとか“しよう”等と言った直接的な言葉でセックスをねだったものだ。

学者の先生たちによると、性欲には二種類あって、その一つは“種の保存のため”の欲求であり、今一つは“コミニュケーションのため”の欲求だと言う。

しかし、俺も彼女達もそんな難しいことでやりたくなるわけではないと思っている。単純に“やると気持ちいい”からだ。こんなに気持ちいことをやらないなんて、ちょっと普通では考えられないと思うし、感じているからやるのだ。

俺からすれば、柔らかく温かい、そして何よりも感情のこもった肉体を抱ける、いや、その肉体の中心にある女陰の更に中心にある肉鞘に、俺のいきりたった肉茎をぶち込むことができて、その素晴らしい感触を肉茎をつうじて味わい、更にはその肉鞘の奥深いところにおもいきり、射精をさせてもらえるなんてあり得ない。

こんなに素晴らしく、気持ちのいい行為を欲望と考えることはちょっと違う。旨いものを食べることに等しい行為だ。

人間の五欲のひとつだから、性欲を学術的に云々することは、あまりかんしんしたものではないと思う。

そもそも性欲を云々する先生方だって、普通の顔をしてセックスはするのだろうからね。

いいや俺はセックスはしないし、するとすれば学問のためにする、と言う先生がいらっしゃったらお詫びをいたします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ